のぞみ歯科BLOG

2017.05.10更新

70代 男性

主訴:転んで顔面をぶつけ歯がずれた

破折

初診時

転倒時に顔面を強打し前歯のブリッジがずれています

顔面をぶつけた場合主に前歯がダメージを受けることが多いです

口腔内とレントゲンにて歯が折れてしまっていることが確認されました

当日は歯の位置を戻し咬めるような応急処置をし後日抜歯をすることになりました

抜歯後の治療方法は患者さんと相談の上ブリッジを選択いたしました

 

抜歯

抜歯

両サイドの歯は金属の土台と折れてしまった歯が見えます

残りの歯はまだ歯肉の中にありますのでこちらも抜歯しました

 

テルプラグ

抜歯後の口腔内

歯を抜くと顎の骨がやせます

顎の骨がやせると見た目が悪くなったり歯ブラシで汚れが落としにくくなります

そのため顎の大きさを維持するためコラーゲンを入れ縫合しています

この上に仮の歯をつけていきます

 

術後

術後

約3ヵ月間歯ぐきの治りを見ながら歯ぐきが安定したところで最終的なブリッジをつけました

手前3本は歯を抜いていますのでダミーの歯ですが歯肉の大きさは維持されています

 

 

 

 

 

投稿者: のぞみ歯科

footer_tel_sp.png
TEL:052-875-3173