のぞみ歯科BLOG

2017.07.04更新

 

主訴:着色が気になる

 

本人は着色を気にしていましたが歯石が認められます

まず歯石をとり本人のブラッシングが上達したところで

着色をとります

歯の表面はつるっとしているようで意外にでこぼこしています

細かい溝もあります

このような窪みに入ってしまっている着色は通常のブラシでは取れません

そのため専用のとり方があるのです

それがプロフィです

プロフィ

どうやってとるかといいますと高圧洗浄に似た感じです

圧をかけて専用のパウダーを吹きつけ汚れを浮かせてとります

 

プロフィ前

プロフィ前

 

プロフィ後glitter

プロフィ後

 

これくらいキレイになります

着色が取れると汚れがつきにくくなります

汚れがつきにくいということは歯周病原菌などもつきにくくなります

病原菌がつきにくいということはリスクを下げることができます

ご自身の下の歯の裏を見て着色チェックしてみてください

喫煙者の方だけでなくお茶やコーヒー、赤ワインなども着色します

ちなみに着色は病気でないので健康保険が使えません

自費で3,240円(H29現在)です

注:ホワイトニングとは異なります

投稿者: のぞみ歯科

footer_tel_sp.png
TEL:052-875-3173