のぞみ歯科BLOG

2017.08.10更新

主訴:奥歯に物が挟まる

    銀歯が気になる

奥歯に物が挟まるということで来院されました

銀歯はかなり前に他県で治療をしたそうです

通常、隣の歯と歯はお互いに接触しています

ここの部分をコンタクトポイントと言います

このコンタクトポイントが緩いと食べ物を咬むことにより物が挟まってしまいます

これを食片圧入(フードインパクション)と言います

食片圧入が起きるとその部位の歯肉が炎症を起こしたり

歯を支えている顎の骨が部分的に吸収したり

歯と歯の間から虫歯を作ったりと様々は事が起こりやすくなります

実際一番奥の歯は虫歯があったので治療をしました

今回患者さんに聞いたところ銀歯をつけたときから緩かったということでしたので

咬み合わせによるものではないと判断し銀歯を新しくし

コンタクトポイントを回復させることにしました

患者さんと相談の上白いもの・割れにくいものということでジルコニアを提案しました

ただジルコニアは以前よりかなり改善されましたが

一般的なオールセラミックに比べると透明感にかける所があります

奥歯なので患者さんは透明感は求めないということでジルコニアに決まりました

 

術前

術前

左右に見える銀歯と奥(下)の歯の間にものが挟まります

術後

術後

左右の銀歯がジルコニアになりました

透明感に欠けるためこの角度で診ると天然の歯に比べると白さが目立ちます

実際に前から見るとそれほど目立ちません

ジルコニア(全体的に技工士さんにステインをつけてもらっています)

ジルコニア

ステインをつけても白さが残ります

物が挟まらなくなったことと審美的な治療に満足されていました

治療費259,200円(129,600円×2本)保険外診療となります

今回は高額な治療でしたが元は虫歯にならなければ治療せずに済んだ歯です

これからメンテナンスで歯周病や虫歯の再発を予防しましょう

 

投稿者: のぞみ歯科

footer_tel_sp.png
TEL:052-875-3173