のぞみ歯科BLOG

2017.06.11更新

スプーン?

エキスカベータ?

普段診療室では「エキスカ」と呼んでいます

いろいろな種類があるのですが今までの経験上サイズを絞って使っています

このようなものです↓

エキスカ

隣の定規と比べると先端がかなり小さいことが分かります

これで何をするかというと虫歯(正確には軟化象牙質)を取ります

虫歯の治療というと思い浮かべるのはあの「キュイーン」と音の出る機械ですよね。

確かにあの機械も使いますが虫歯かどうか判断がつきにくい所では削りすぎることがあるのです

そこでスプーンエキスカベータの登場です

残念ながら歯の表層のエナメル質は削れません

しかし、軟化象牙質(虫歯になっている感染歯質)では威力を発揮します

と言っても最新器具ではありません

ずいぶん昔からあります

エキスカはかなりの優れものなので当院でもほとんどの象牙質の虫歯で使っています

虫歯になった象牙質というのはとても柔らかくなっています

そして、虫歯でない象牙質というのは固いです

エキスカは手指の感覚によりこの感染象牙質のみ除去することが可能です。(う蝕検知液併用)

本当に削りすぎることなく虫歯が取れます

削り過ぎを防げるということは歯や神経を極力残せる可能性が高まるということです

また、治療後に歯がしみるなどの不快症状が出にくいといったメリットのあります

しかし、何せ歯科医師の手で感染歯質と非感染歯質を見分けながら慎重に虫歯を手作業でとることになります

拡大鏡(2.5倍の視野)も使います。神経も使います

そして時間がかかります

ただこの治療に時間をかけなければ数年して虫歯の再発、再拡大が起こるリスクが高くなります

将来の有効に使える時間を確保するためにも治療にかける時間は必要です

そして虫歯にさせないことがなりよりです

口腔内環境を改善して病気の発生を予防しましょう!

投稿者: のぞみ歯科

footer_tel_sp.png
TEL:052-875-3173